平素より私、まえだ順一郎の活動に格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

このたび、日本維新の会の衆議院東京都第11選挙区(板橋区)支部長に就任いたしましたので、ご報告させていただきます。

 

 2017年10月、前回の衆議院議員選挙を、私は立憲民主党の候補者として戦いました。結果は次点での落選となりましたが60291票をいただきました。選挙後も皆様のご支援のおかげで継続して活動してまいりました。昨年6月には、別の方が立憲民主党の東京11区の総支部長になりましたが、その後も多くの方々に励まされ支えていただきました。

本当に皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

私は、前回の選挙で、皆さんの税金を皆さんのために使う、そんな当たり前の政治を実現したい、と訴えました。

公認会計士として霞が関で働いてきた自分だからできることがある。政官財の癒着を根絶し、官民連携の推進によって、日本をもう一度元気にしたい。消費税増税への反対も強く訴えました。

選挙後は、板橋区内で障がい者支援、子ども食堂の支援、子育てや教育、介護、医療などの問題に関する具体的な活動も行ってきました。

皆様との活動を通じて「誰一人取り残さない社会の実現」は絶対に取り組まなければならないテーマであると学ぶことができました。

前回の衆議院議員選挙後も、私が選挙戦で訴えたことは実現できていないばかりか、実現への道筋さえ見えない状況が続いています。

我が国にはこういった課題が山積みです。

皆様のおかげで様々な経験をさせていただく中で、私自身が課題の解決に向けて、正面から取り組まなければ、という思いは募るばかりでした。

 

 

日本維新の会は企業・団体献金をいっさい受け取らない政党です。

しがらみのない未来志向の政策を実現できる政党です。

現実的かつ具体的な政策を遂行できる政党です。

そして、私の思いを共有できる仲間がいる政党です。

私、まえだ順一郎は、自分をここまで成長させてくれた板橋の地に、日本維新の会の旗を掲げます。

今後は、次の挑戦に向けて本格的な活動を始めることになります。大企業の支援はいっさいありません。

 

本当に皆様の力だけが頼りです。これまで以上のご支援を心よりお願い申し上げます。

 

 

まえだ順一郎

まえじゅんの略歴

 

出身:1975年神奈川県川崎市生まれ

学歴:東京大学(経済学部卒)、英国マンチェスター大学修士(MBA)

 

資格:公認会計士・税理士・行政書士

職歴:銀行、監査法人、国土交通省を経て政治の世界へ

 

現在は、日本公認会計士協会板橋会副会長、板橋産業連合会板橋大山支部役員、板橋セントラルロータリークラブ理事(令和2年度)、SDGsいたばしの集い監事などをつとめる。

 

体格:183㎝、9?kg(ダイエット中)

趣味:天体観測、バスケットボール・ジョギングなど運動は何でも。料理。子供と遊ぶ。音楽はロックからクラシックまで。落語も好きです。

 

家族:妻と2児(姉弟)

あだ名:MJ / まえじゅん

 

好きな言葉:"If you can dream it, you can do it." (夢見ることができれば、それを成し遂げることができる)byウォルト・ディズニー。

好きな落語家:古今亭志ん朝(3代目)

 

詳しくはこちら

まえじゅんの政策①

 

経済を元気に

  • 消費税増税の見直しを行い、5%に戻すことも検討します。拡大する格差を更に広げる消費税ではなく、まず政府の無駄を徹底的に削減します。政治家による税の私物化を絶対に許しません。
  • 夢のある企業イノベーションを実現できる社会を作るために政治献金や天下りの規制を強化します。
  • 年金財政の透明化を図ります。情報開示を徹底し、年金財政の立直しについてオープンな国民的議論を行います。
  • 高齢者が生き生きと活躍できる社会を、子育てや教育に対する不安のない社会を実現し、障害者対策の充実を図ります。誰もが安心して生活でき、働きたい女性が活躍できる社会を実現します。
  • 公的部門における民間能力の活用を図ります。ただし民間に任せきりにするのではなく官民の良いところを最大限に活かします。
  • 金融緩和の継続労使間の健全な対話による賃金上昇により真のデフレ脱却を図ってまいります。

 

まえじゅんの政策②

 

平和な日本に

  • 対話による外交を重視します。外交においては時として断固とした決意で交渉をすることも必要ですが、対話による解決の道を閉ざしてはいけません。 
  • 観光産業の育成と草の根の国際理解を推進します。観光は成長産業であると同時に、訪日外国人との草の根の交流のチャンスでもあります。観光を外交や防衛の意味からも十分な活用する施策を講じます。 
  •  原発ゼロの実現と代替エネルギーの推進を図り、環境に配慮しながら低コストのエネルギーを実現してまいります。 
  • 平和の祭典、東京五輪の準備状況をチェックし、常に当事者意識をもって適切にモニタリングします。  

 

 

 

 

 

 

 

 

こどもたちの未来のために、パパは頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

写真はまえだが撮影したヘールボップ彗星。

重い望遠鏡をかついで山に行き、雲の切れ間から見えたときの感動は今でも忘れられません。

令和2年3月22日